PCハード

激デカ!大型マウスパッドSteelSeries QcK Edge XL

狭い卓上に鎮座するキーボード。残るは僅かなスペース。

都合よく設置できるマウスパッドを探すなんて面倒です。大きなマウスパッドを買ってキーボードごと乗せてしまえ。そんな安易な気持ちで大型すぎるマウスパッドを購入したのでご紹介。

大きなマウスパッドならキーボードも乗せられる

今まで使用してきたマウスパッドは「SteelSeries Qck 63004」。

ごく標準的なマウスパッドですが、イマイチ使いづらいと感じていました。

フルサイズキーボードのホームポジションを体の中心に合わせると、かなりキーボードは右に寄ります。マウスパッドを更に右に寄せたいところですが、卓上のスペースが足りません。やむなくキーボードの片足だけマウスパッドに乗せたり、マウスパッドがよれた状態で利用したり。

そんな状況にどう対処するべきか。いっそキーボードの全体(両足)が乗ってしまうマウスパッドを導入してしまえば解決です。

当初こちらの製品を買おうかと思いました。しかし低評価レビューを見ると「匂い」について、とても色々と書かれています。その他の安価な製品も同様。アレルギー体質の上、匂い酔いもしやすいので断念。

SteelSeriesのマウスパッドが臭かった記憶はありません。倍以上の価格ですが、SteelSeries QcK Edge マウスパッドのXLサイズを購入することとしました。

確かこちらの商品と一緒に配送用の箱に入って届きました。送料無料、税込み3,498円也。

適当にポチると困るデカさ

日本正規代理店の記載あり。商品説明に「国内正規品」と書かれている以上当然のこと。でもやっぱり届いて確認できると安心します。日本語の商品説明も書かれています。

箱には丸められた状態で入っています。取り出して広げた状態。この瞬間「あ、やっちまったかも」と脳裏によぎります。

お試しにキーボードとマウスを乗せてみます。フルサイズキーボードを乗せても余裕のスペース。大きめのマウスでも自由に動かしまくることができます

逆に「これ机のスペースに乗るんか…」と猛烈に心配。

ぜひ皆さんはポチる前に設置予定のスペースと、本製品のサイズをご確認ください。本製品のサイズは「900 mm x 300 mm」です。

適度な滑りと丁寧な細部の作り込み。

本設置。ギリギリですがスペースに乗りました。左のスペースが思いっきり無駄になっています。右に寄せたいところです。しかしセカンドディスプレイが邪魔をします。こうはならないよう、是非事前のご確認を!

マウスの操作感についてです。大抵のマウスでは引っ掛かりや抵抗感はありません。かといってプラスチックや金属のマウスパッドのようにツルツルと過度に滑るわけでもありません。キメの細かい布地が程よくマウスを滑らせ、しっとりとしてスムースな使い心地です。

ただしソールが尖った形状をしているマウスとの相性はよくありません。わたしの実体験としては、DeathAdder Eliteを手前に引くような動作をした場合、前方のソールとの間にザリザリとした強い抵抗を感じました。

最も評価したいのはこの外周部。標準のQcKシリーズと異なり、QcK Edgeシリーズはステッチ加工が施されています。

約10年使用した同社のQcKです。表面の布地がベースの素材から剥がれはじめています。QcK Edgeの場合ステッチ部分に相当のダメージを与えない限り、こういう事態にはならないでしょう。

おわりに

マウスパッドとしては高額な部類の商品ですが、品質は非常に高いと思います。表面は平坦で波打つような凸凹はなく、布地は非常になめらかな手触りです。ステッチを含め破れやほつれは一切見当たりません。

決め手となった「匂い」。これについても、ほぼ問題ないと言って差し支えないでしょう。使い始めは普段嗅ぐことのないゴム臭を感じることがありました。しかしほのかに香る程度です。頻度も2日間の間で3回程度と極稀。3日目くらいからは匂いを感じていません。

大きくて丁寧な作り、それでいてほとんど匂わない。そんなマウスパッドをお探しの方は、是非本製品のご検討をオススメします!

-PCハード
-, ,

© 2022 DEN-NO PLANT